Read Article

褒めて伸ばすタイミング

愛着障害にさせない為のポイントとなる時期

4月から小学生になるということは、それまで幼稚園や保育園あるいは自宅で過ごしていた環境がガラッと変化します。
子供達は、毎日精一杯その環境に適用しようとします。
その反応・反響として、楽しそうにしたりたくさん泣いたり、普段出来ることが出来なくなったりやらなかったり、反抗的になることもあれば怠けてみたり、その表現は多種多様です。
側から見れば、大抵は「もう一年生なんだからしっかりしなさい。」と、その様を判断することと思います。

勘違いしているのは親だということ

子供たちは子供たちなりに新しく触れる世界からさまざまな刺激を受け学習しているのです。
それを、自分の親から「もう一年生なんだから…。」と、強く指導されることなんて望んでいません。
子供が望んでいることは、一日かけてたくさんいろいろなことを一生懸命やってきたことに対して褒めてほしいのです。
そこに、何かに成功して何かに失敗したなどの結果は、今は重要ではありません。
仮に、何かに失敗していて後処理が必要であった場合、それは親の責任と仕事です。
「もう一年生なんだから…。」と、言われている子は、一日の頑張りが認められず、とても悲しい気持ちになっているはずです。
悲しい気持ち、辛い気持ちがあっては、子供の心は育ちません。

それまで築いてきた親子関係が崩れる日

少し前のことを思い出すといいと思います。
幼稚園や保育園に通わせていたお子さんに、「もう一年生なんだから…。」程のプレッシャーなんて掛けて来なかったですよね?
それを入学した途端にやってしまえばどうなることか。
親としては当然、「もう一年生なんだからしっかりしてほしい。」と、ますますの自立を求めるのは分かります。
ですが、実際にそこでもがき苦しんでいるのは子供です。
いつもよりグズり、言うことを聞いてくれない子供にイライラし発してしまう言葉、
「もう一年生なんだからしっかりしなさい!」
一歩引いて見ると、これは、親が自らこれまで大事に大事に築いてきた子供との関係を壊しにかかっているということになります。
子供からしてみれば、何故にこんなに頑張っているのに突き放されてしまうのか、理解出来ずにとても苦しいと思います。

ありのままを受け入れ褒めること〜あの頃のように〜

では、いつもよりグズり、言うことを聞いてくれない子供を前にしてどう対応するのか。
子供の気持ちを汲み取ってあげられればそれはわかるはずです。
新しい世界からたんさんの刺激を受け、これまでとは桁が違う人の波に流され、それでもその社会へ適用しようと精一杯頑張りクタクタになり家に帰ってきます。
そんな状態で、いつものようにおうちではおりこうさんをする体力なんて残っていません。
初めて幼稚園へ連れていたった時のことを思い出して下さい。
いてもたってもいられなかったその気持ちを忘れてないですよね?
そして、家に帰ろうものならどこか怪我はしていないか全身を確認し、風邪はひいていないか、何か病気はもらってきていないか心配し、ちょこっと機嫌が悪くなり泣こうものなら、「お〜よしよし今日はとっても頑張ったもんね〜もう大丈夫だよ〜。」と、最大限の愛情を注いだことと思います。
正に、小学一年生の初まりとはそういう時期なのです。

もう一年生になったからと安心している親御さんは、もう二、三ヶ月、むしろ、この二、三ヶ月の成長のタイミングを見逃さないで下さい。

子供の愛情欲求が最大限に溢れ出るこの時期こそ、正に、褒めて伸ばすタイミングです。

それに答えられれば、気づいた頃にはお子さんは見違えるように大人に成長しているはずです。

愛着障害にさせない為の一つの重要なポイントです。

 

 

 

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top