Read Article

【日本代表】こんな楽しい勝利はないパラグアイ戦 そして2018ロシアワールドカップ開幕へ

鹿島勢が日本代表を救う

もうこのままどうしようもないのかと思われていた日本代表でしたが、いや、ここにきてやってくれました、ワールドカップ前最後の強化試合でパラグアイ相手に4-2の勝利。

【日本代表活動日記】6/12 vsパラグアイ戦ハイライト

フルマッチはこちら

乾貴士の素晴らしい2ゴールはともかく、香川真司がやっと戻ってきてくれた。シンジて応援しててよかったですね〜。

今回の日本代表が良い成績を残すための起爆剤はこの人の復調しかないと思っていたので、ほんとにここにきてまずは結果を出してくれてよかった。

前線からの岡崎慎司、香川真司のプレスは教科書のような動きでした。

と、まあここまでは表向きにも騒がれているところで、この前線の動きに合わせて後ろが連動して守備をする。まさにこの動きを生み出していたのが鹿島勢だったことが何よりも誇らしいですね〜。

この試合先発の柴崎岳、昌子源、植田直通、このボトムユニットあってのハイプレス戦術だったということ。

守備時に4-4-2ラインでボールサイドを限定してプレスをハメていく。これはもう、鹿島サポなら見慣れてるサッカーだったと思います。

困った時はまずは守備から。自分たち主導で守備をする。良い攻撃は良い守備から。良い守備から自分たちのリズムを作っていく。球際は強く厳しく。人を捕まえて強く厳しく。

彼らは、鹿島に入団して以来ずっとこれをテーマにやってきてたわけで、これがこの土壇場で代表を救うことになるなんて、鹿島アントラーズサポーターとしてはよくぞやってくれたということで最高でしたね。

この3人は、どこでボールを取りに行くのか、または、どこで我慢するのか逆算して動けるので、それが今回先発したメンバーのやりたい事とヨーロッパで備わったスキルが合致したということでしょうね。

それに、あんなに気持ちの入った柴崎岳を見たのは初めてかもしれないですね。

パススピードが早い早い。自分から体もぶつけていくし、自分がゲームをコントロールするんだというエゴや気迫がめいいっぱい伝わってきました。

普段超クールな彼ですから、知ってるみなさんは驚かれたと同時に、何かを悟ったのではないでしょうか。

そう、このワールドカップの自分のポジション、そして、チームをコントロールして勝たせるということに腹を括ったのではないでしょうか。

いつやるの??今で◯ょ!じゃないけど、トニーニョ・セレーゾ氏が魂込めて教え込んだ、時には感情をあわらにして戦う事がここにきて滲み出てきたのではと思います。

いつになく完全にスイッチが入ったと思うので、また一皮も二皮も向けて凄みを増した柴崎岳が見れるのではないかと、そんな予感がしています。

【日本代表活動日記】6/12 パラグアイ戦後コメント(岡崎、乾、香川、武藤)

 
【日本代表活動日記】6/12 パラグアイ戦後西野監督会見

ワールドカップ初戦コロンビア戦のメンバーは

これはもう、このプレッシングサッカーをやってほしいし、やるなら当然今回のメンバーをベースにしてほしいですね。

昌子源に関しては、この連動したプレッシングをする上での的確なコーチングは彼しかいないでしょう。

植田直通については、このタイミングで吉田から世代交代でいいと思います。今大会のフレッシュ枠ですよ。一気に覚醒してほしです。

また吉田・槙野に戻す可能性も高いんだろうけど、この2人だとプレスがハマらないと思います。

ボランチの大島はかなり高い評価をされているようですが、柴崎岳との格や経験の違いは明白でしょう。

2人を同時に使うこともあるかもしれませんが、もし、大島をファーストチョイスにするならチームをコントロールしきれずにボヤけると思います。

長谷部に関しても、いっそ山口蛍キャプテンでもいいかもしれません。岳と同様に、ここで腹を括って泥まみれになるくらい気持ちを見せてくれればと期待します。

左SBは長友、右SBは90分いけるなら酒井宏樹。いけないなら酒井高徳にしておかないと、交代枠が有効に使えません。

そして、左の乾貴士と中央の香川真司は絶対代えないで。

右は武藤でOK。

そして、センターフォワードは大迫勇也を軸に、計算がたった岡崎慎司で間違いないですね。

大迫勇也については、もちろん、鹿島で育んだ守備がありますから。とはいへ、岡崎慎司のレスターをプレミア優勝に導いたハイプレスはやはり彼にしか出来ないということが分かったので、今の日本にはこっちが必要なのかもしれないですね。スタメン争いは、いい緊張感が出来上がりましたね。

ラストピースは何処へ

【日本代表活動日記】6/13 ロシアに到着

ラストピースはケイスケホンダです。

ここでどうするかは、もはや彼にしかわからないですね。

でもやはり、長友が言うように、彼が力を発揮することが必要ですから、ここぞというところでやってくれることを信じています。

あ、ゴールキーパーは個人的にスーパー東口くんがいいですね。

さあ、いよいよ開幕するロシアワールドカップ。

眠れない日々が続きますね〜。

各試合を極力ライブで楽しめるよう頑張りたいと思います。

4年に一度の祭典をめいいっぱい楽しんでいきたいと思います。

ビデオアシスタントレフェリー(VAR)について

ワールドカップ日本代表キャッチコピー

#ハセベる
#今日の豪徳がほんものの豪徳
#しあげはけいすけさ〜ん
#岳様
#シンジ△
#きみがのぞむならたかし

 

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top