Read Article

今、鹿島が勝てない理由を考える

0-3の完敗〜明治安田生命J1第11節 vs横浜F・マリノス〜 【鹿島アントラーズ】

スタメンに疑問

前節機能した布陣も土居の怪我で使えず。
それは仕方ないとして、何故にPJをトップに起用したのか。
中央で起点と連携を作れないことから土居を1.5 列目で機能したのにその役を金崎に。
ここまではいいとしても、それなら鈴木をトップにはらせて左サイドを安西にするとか、西だっていたわけだしそこの人材はいたはず。
前節も最後の方はこの形で機能してたのにPJを使ったことでまた機能しない組み合わせに戻ってしまったこと。

ペドロ ジュニオールを起用した意図を考えてみる

金崎・鈴木に潰れてもらってPJで裏を抜く??ような狙いがあったんだろうなとは思う。。。
単純に土居がいない代わり??まさか…。
PJ個人のコンディションでいえば、いい加減別人かよというくらい動けてない。
プレスだって、なんとなくアリバイプレスをされてても取りにいく守備は出来ない。
全盛期のように、一人で突破して決めてきてくれるくらいやれないのであれば、そこはしっかり線を引いて起用しないべきた。
試合に出していれば徐々にコンディションが整ってくるのかもしれないけれど、流石にこの厳しい状況でそれは辞めてほしい。
去年から見てると、もう組織の一人として動いてもらうのは無理なんだと思う。

レオ シルバはやっぱり上がり切っていなかった

前節すごく動けてたので続けて起用したのは分かる。
けど、この試合に向けてのトレーニングではどうだったのでしょうか。
少なくとも、この試合ではまたダメな彼に戻っていた。
中途半端に引っかかって取り損ねる。
狙いすぎてゲームを作らない。
自陣ペナ前でサボる。
チームのリズムが悪くなる原因や可能性は本番前に取り除くべきだ。
小笠原満男はどうした??
何故今一番コンディションがいい永木さんをスタートから使わない??

西と伊藤のセット替えはいい加減辞めてほしい

前回も書いたけど、そこに期待を掛けてるならスタートからそれで行くべきだし、自分のチームの基盤として整備するべきだ。
確か、去年とか一昨年は伊藤を前で使って右サイドを活性化するみたいなことがこれの始まりだったはず。
西の怪我が癒えたばかりってのもあるとは思うけど、うっちーだってそこは同じ。
うっちーとヤスのセットなら90分通しでなんぼの選手でしょ。
やってることが高度なのか無知なのか分かりづらいのですよ…。

現実的にそれでも勝利を目指すのか負けないことを考えるのか

個人的には、あまりにもお粗末な失点が続いてるので、まずは負けないこと=相手に好きにやらせないことを考えてほしいと思う。
確実な守備に見通しがついてくれば徐々に調子が出てくるはず。
なので、これは僕個人の希望でしかないけど、一先ずはこんな感じのメンバーでこの流れを断ち切ってほしい。

土居が使えない場合の私的スタメン

ソガ、満男、うっちー揃い踏みで、この悪い流れをしっかり断ち切って欲しい。

左サイドバックに犬飼を入れてしっかり守備をすること。
安西はサイドバックだと守備が軽くなるので、前でしっかりしかけてもらう。
三竿は少し休み。競争意識をさらに煽るためにもしばらくは調子の良い永木さんを使う。
2トップはこの二人以外ありえないけど、なんとなくにしないで役割は整備するべき。

また敗戦を繰り返すようなことがあれば

つらつらっと思うことを書いてきたけど、大岩監督にマネジメントに限界があるのかもしれないですね。
ただ、だからと言って監督交代とは私は言わないです。
それは、選手も監督も常に成長して行くクラブだと思ってるし、だからこそブレずに獲得してきたタイトルの数だと思っているので。

さあ、ここまで落ち込んで、明日、どんな戦いを見せてくれるのかじっくり見たいと思います。

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top