Read Article

鹿島 vs 神戸

川崎での大敗後ホームで1 – 1無念のドロー。我慢の試練はまだ続く。。。

鹿島アントラーズ公式スコア

これもまた良くない時は不運が続くということなのか、ポドルスキの一撃をくらう。
あれをやられてしまっては防ぎようがない。
真ん中からほぼ動かない選手に腕章をつけさせて90分使うことの意味はまさにこれか〜。
今日はそれをいらなかったのに。
とはいえ、旬を過ぎた選手なのは明らかなわけで。ワールドクラスの一撃を見れた一方、Jリーグはまだまだなんだなと染み染みと痛感させられた瞬間でした。
ああいう選手をもっと必死にさせるようなリーグになってほしいです。

何故引き分けた?今日の鹿島は良かったのか悪かったのか?

まず、3分に夢生の得点はオフサイドじゃないですね。まー毎試合毎試合ほんとうにオフサイドが多いので、この選手は常にギリギリだからしっかり見ないと的な先入観を持たれても仕方ないですね。それにしても、そろそろ取られない動きにしていかないと、前線で止められることが多過ぎてなかなかリズムや流れが向かない感があるね。

聖真をトップに戻してヤスが復帰したことで前線のコンビネーションが復活。ヤスの復帰が前節だったらと悔やまれますね。ただ、これはもともとあった形。プラス要素としては、優磨がかなり調子がいいということ。ボールオンオフで体の向きや使い方受け方が抜群にいい。これは、この調子が彼のスタンダードになれば今後はかなり期待できそうですね。今日、ようやく1点獲れたことが何かの起爆剤になってくれれば。

まあ前半は神戸に冷静に対応されていた。ようは、勢いを持ってくるであろう鹿島を想定していなされていたという展開。

後半は負けるわけにはいかない鹿島と息切れして足が止まる神戸の構図。

前へ前への意識がうまく作用して鹿島の前プレがハマりだす。ただ、前半のプレスはコース限定に応じたスライドだったり寄せが甘かったりしてたので、無条件でこのくらいはやるべきだと思う。去年や一昨年のいい時はそれが出来てたし、それでいて尚、後半にギアが上がる感じで且つ必要な時に引くとか蹴るを巧みにコントロールしてたから、鹿島らしく強いって各所で言われてたよね。

押せ押せだったけど逆転ゴールまでには達しない。悪い時はそんなもんかなという展開で試合終了。ただ、復活の兆しは見えてきたので、これを続けられるかどうかだと思う。

篤人の運動量が格段に増えたこと。
→本来は後半の動き、それ以上に出来る選手。Jリーグならもっと点に絡めるはず。

少しだったけど篤人と大伍が前後関係で共存できたこと。
→これがハマれば崩せる展開が格段に増えるはず。

レオシルバが開幕当初の不調から本来の姿を取り戻しつつあること。
→ボールが足についててしっかり蹴れてた。このまま調子を上げてくれれば中央に一本柱が立つ。

70分、三竿のプレスが満男のそれっぽかったことと、80分に吠えたこと。もしかしたら、一つ殻を破ったかもしれない。
→前半は展開やアグレッシブさが微妙だったが、後半、逆転したい気持ちが表に出てハイになる。それが良く作用して、攻守にかなり効いていた。これくらいがスタンダードになれば。

優磨がトップでファーストディフェンダーの切り方が出来るということ。
→しっかり切れるので後ろがついてこれればプレスが効きはじめるはず。優磨トップで夢生がサポートする形がハマってたと思う。トップにしろサイドで使うにしろ、絶好調のこの男の形をチームとして整備してあげた方がいいと思う。

結果、勝てなかったけどだいぶ良かったと思う。

次、アウエー横浜戦もブレずに継続すること。苦しくてもここで引かないでほしい。

 

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top