Read Article

鹿島はこのまま沈んでしまうのか

等々力での惨敗劇

2018明治安田生命J1リーグ 第9節 アウエー川崎戦 クラブ公式

目を疑いたくなるような試合

1失点目のオウンゴールは普通にクリアになってもよかったのにゴールに向かって飛んでいった。

セットプレー後の流れからだったし、不運としか言いようがない。

前半でペースがつかめていたのに後半頭に2失点目

1点返してここからって時に3失点目

嘉人に不用意なタックルで昌子退場。

その嘉人に駄目押しの4失点目をくらう。

悪い年によくある等々力での散々なやられようだった…。

それこそ岩政ラストイヤーの夏の等々力での惨敗のような…。

ただ、今回はまったくやれてないわけでもなかったので、こらえきれなかったのがもどかしい。。。

気になるポイント

受けてたったことが悪かった。鹿島らしく、試合巧者として挑めればまた違っていた。例えば、川崎に繋ぐ機会を作らせないよう、15分くらいは蹴るサッカーに徹するとか。
こちらもガチンコで繋ぎで迎え撃ったので攻守のギャップがうまれやすく、川崎が繋ぎやすい状況を自ら作ってしまっていた。
上手い選手が揃っていてやろうと思えば出来るだけに、勝つための手段を選択できるよう、もう一歩意識的な所でレベルアップする必要がる。

小田 vs 家長のところのフォローをチームとしてもっと意識するべきだった。十分戦えていただけに、可哀想なことをしたと思う。

川崎の中盤3枚の追い越し、あるいは変動的な動きに対応策がなかった。
ボールサイドに人数を掛けて抜け道を作る攻撃方法についていけてなかった。あいまいなリアクションで耐えしのげるほどの相手ではなかったということ。

昌子が詰めてくるところが狙い目にされていた。そこで頑張れればカバーが甘いというところを物の見事につかれていた。昌子の退場はちょっと大人気ない態度だったかもしれない。いらいらするのはわかるが、自分自身のことも冷静に振り返ってほしい。真のリーダーになるにはここが頑張りどころ。2、3失点目なんかは昌子が中途半端についていって最終的に憲剛を離したことが原因。このついていってる瞬間、鹿島全体の守備が緩む傾向がある。

単純に聖真のコンディションが悪かった。ドリブルが足につがず、チャンス手前でボールロストを繰り返した。

満男に代えて永木を入れるところはプラン通りだったかが不運・不用意な失点がいらなかった。序盤の試合プランが間違っていたのは明らかで、川崎からして狙い通りガチンコで来てくれたとメシウマだった。

大伍とユキを入れるプランで後半勝負だったかもしれないが、結果論だが受けてたつなら最初からそれで行くべきだった。充孝のところでまったくポイントが作れなかったし、守備のサポートが足りなかった。

うっちーと大伍の共存にはやく取り組んだ方がいい

右の上下二枚替えはやめてくれ。その方が攻守でオートメーション化するのはわかるけど、だったらはじめからいくべき。
同時起用して早くそこの組み合わせが機能するようにしてほしい。大伍が前で状況に応じてユキかうっちーかを使い分けるとか。
この右サイドが定まっていないのがチームが機能しない一番の原因だと思う。
ヤスとひろきが帰ってきたら更に辛くなる…。

独り言

浦和vs札幌

ここ数年さんざんドヤ顔かましてたミシャサッカー対策をまさか自分たちがくらうとはという面白試合でした。札幌、いいサッカーしてるね〜(笑)。

いやいや、そんなことより、鹿島はこのまま沈むわけにはいかないのだよ…。

 

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top