Read Article

【DAIWA】2020年NEWリール「20 LUVIAS」を考察

【DAIWA】2020年NEWリール「20 LUVIAS」を考察

先日”DAIWA”の2020年スピニングリール(汎用)新製品として、「20 LUVIAS(ルビアス)」が発表されました。

DAIWAの2020年新製品情報はこちら

DAIWA FISHINGSHOW SPECIAL SITE “20 LUVIAS”

「20 LUVIAS」の考察ポイントを下記の通りツイートしました。


はじめに「20 LUVIAS」の特徴をざっと紹介します。

デザイン

15ルビアスの「鋼色」と「ゴールド」のアクセントカラーを踏襲しています。

「ザイオンローター」と「ザイオンモノコックボディー」の「ダークグレー」色を基調とすることで、より一段と「シック」なデザインに仕上がっています。

「モノコックボディー」の均一の取れた大きな円形形状にあしらわれた「巨大エンジンプレート」が上質さを感じさせます。

「LC-ABSスプール 」に施された斜めのカットデザインは、NEWモデルでありながらも懐かしさを演出しています。

総じて、”所有欲”をそそるかっこいいリールに仕上がっていると思います。

ザイオン素材によるLTコンセプト(LIGHT&TOUGH 軽量&タフコンセプト)

「マグネシウム」「アルミ」に続く「モノコックボディー」化の第三弾は、「ザイオンモノコックボディー」となりました。

「ザイオン」素材の特徴は、18イグジストの「マグネシウム」と19セルテートの「アルミニウム」より軽くて錆びにくいです。

18イグジストの「マグネシウム」と同等、場合によってはそれ以上の「剛性」を誇ります。

「モノコックボディー」には無駄なつなぎ目がなく構成するパーツが最小限で済む為、水や埃の進入をシャットアウト。

ボディーの歪みやたわみ押さえ、巻き取り時のパワーロスを大幅に軽減しています。

大口径「タフデジギア」を搭載し、ボディとローター部は当然「マグシールド」機構となっています。

オイル壁による無接点構造により超防水防塵はもちろん、滑らかで力強い巻き取り感を実現しています。

ぶっちゃけこのリールは、かなり期待しています。



「サーフヒラメゲーム」で購入を検討されている方へ

このリールは、3万円前後の予算で検討している方であれば”買い”です。

特に「サーフヒラメゲーム」をフィネス寄りに展開する方にはオススメです。

「ザイオンモノコックボディー」の恩恵により、19セルテートより”巻き感度”すなわち”リール感度”で勝る点があります。

“感度”よりも”パワー”重視な方には19セルテートをオススメします。

「サーフヒラメゲーム」にオススメな番手は

「LT4000-CXH」「LT4000-C」の二択です。

両者の差は「ラインの巻き取り長さ」だけです。

LT4000-CXH → 99cm

LT4000-C → 82cm

じっくり感性豊かに巻きたい方は「LT4000-CXH」がオススメです。

巻きの軽さを重視する方は「LT4000-C」がオススメです。



YouTube「NaosakoTV」にて、「ザイオンモノコックボディー」の恩恵などよるコアな考察を公開にしています。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top