Read Article

マッチザバイトの考え方2 前提条件

マッチザバイトの考え方2 前提条件

マッチザベイトの考え方1

マッチ・ザ・イト

この思考で釣りをするとき、

そこに魚が付いていること、

そこにベイトが存在していること、

これが前提条件となる。

ここでいう前提条件とは、

何も、

必ずターゲットとなる魚や、

ベイトがいる必要がある、

と、

いうことではなくて、

あくまで、

想像上過程をする、

ということ。

それこそ、

ボイルやナブラの発生、

ベイトの存在を目視出来ること、

これに越したことはない。

しかしながら、

日々釣りをするにあたって、

こういったケースに、

ほとんど巡り会えないのが世の常でしょう。

なので、

マッチ・ザ・イト

を思考する場合、

その日その場所を選んだ感覚を信じて、

そこに魚が付いていること、

そこにベイトが存在していること、

まず、

これを過程する。

では、

それらがあったとして、

次に、

どうすれば、

そこの魚がイトしてくるのかを、

マッチさせる、

作業に入ることとなる。

つづく

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top