Read Article

18イグジスト最大の能力

18イグジスト最大の能力

僕の釣りは、

サーフ、

河川、

運河、

港、

堤防、

ここらを主に巡回している。

多い日で、

1日の中で全てを回ることもある。

狙う魚種は、

シーバス、ヒラメ、青物などがメインとなる。

ロッドは、

モアザンの大(1010M/MH)・中(97M)・小(78M/MH)を常備し、

これに付けるリール、

それこそが、

18イグジスト(4000CXH)である。

理想を言えば、

ロッド3本に対し、

それぞれ専用のリールがあればよい。

しかしそこは、

大人のお財布事情がある。

そんな中、

最大限能力を発揮してくれるリール、

それこそが、

18イグジスト(4000CXH)である。(二回目)

では、

能力とは何か、

それは、

究極の汎用性能だ。

サーフでは、

最大60g程のメタルジグを、

絶えず波しぶきを浴びながら、

100メートル遠投する必要がある。

そのキャスティング時の衝撃に耐え、

食い渋り時には、

10gを切るワームセットで、

フィネスに展開することもある。

そして、

所変わって、

港や河川、

運河に入れば、

当然、

場所に適したロッドに持ち替え、

場所に適したルアーセットに入れ替わる。

だが、

自重205gのこのリールは変える必要がない。

例えば、

ロッドのサイズに合わせて、

17モアザン2510PE-H(245g)に変えたとしても、

40g重くなり、

剛性・耐久性も低下する。

せっかくのモノコックボディーによる、

大口径タフデジギアが生み出す、

超絶スムースなハイギア巻き感度を敢えて手放すことはない。

忘れてはならないのが、

18イグジストの巻き心地が抜群に良いということ。

早く巻いても遅く巻いても、

巻いて止めてをどんな強弱で繰り返しても、

巻きの動作から得られる情報量が、

その確かな巻きごたえが与えてくれる感度故に、

すこぶる多いのだ。

話を戻すが、

場所に適したロッドに持ち替えた所で、

この18イグジストの能力は変わらないのだ。

このリールが登場する迄は、

やはり、

ロッドとリールのマッチングによる違和感は、

常にアングラーの悩みだったと思う。

もう少し軽ければいいのに。。

もう少ししっかりしてればいいのに。。。

そんな悩みを全てクリアにし、

いかなる状況においても、

アングラーの実力を120%引き出してくれる。

それこそが、

18イグジスト(4000CXH)である。(三回目)

LTコンセプトを体現しているというお話。

SLPスプールで、

ラインローテーションを組めれば、

完璧だ!

18イグジスト実釣はこちら⬇️⬇️⬇️

Minecraftプレイ動画「竿クラ」も宜しく⏬⏬⏬

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top