Read Article

19セルテートと18イグジストの違い

19セルテートと18イグジストの違い

【公式】DAIWA 19CERATE

【公式】DAIWA 18EXIST

と、いうことで、

19セルテートについて、

DAIWA公式はもちろん、

関係各所の記事や動画を見ると、

LTコンセプト!

全モデルにモノコックボディ搭載!

タフデジギア!

マグシールド!

デザイン!

らしいタフさ!

って、

18イグジストでやったこと、

そのまま強調されても、

じゃあ何がいいの?

ってなった時に、

18イグジストとより安くて、

丈夫?

逆転スイッチをなくしたこと?

んーほんとわかりずらい。

一つ、

レッド中村さんが動画で言ってたのは、

メインシャフトが、

18イグジストはアルミ、

19セルテートはステンレス、

それによって、

19セルテートの方がたわまなくなったと。

だからなんだと。

「レッド中村テスターのおすすめ」DAIWA2019フィッシングショーおすすめタックルinYOKOHAMA

チャンネル:DAIWA Salt Lure Channel

例えば、

シマノでいうところの、

18ステラと19バンキッシュ、

村田基さんがよく語るのは、

18ステラと19バンキッシュはまったくの別物!

作りからして19バンキッシュは18ステラの足元にも及ばない!

とか言ってくれれば、

フワッとしてても分かりやすいのに!

ということで、

18イグジストユーザーとしては、

なになに?

19セルテートのが、

安くて丈夫でいいってこと?!

って思うので、

DAIWAさんに、

直接聞いてみました。

DAIWAお客様センターのご回答
このたびは弊社スピニングリールに関する御問合せをいただきありがとうございます。
新製品の19セルテート比較して、18Existの優れている点について御案内させていただきます。・左右のドライブBB(ボールベアリング)にMAGシールドを搭載することによる、防水性の高さ。
(19セルテートはCRBB)
・ボディ素材にマグネシウム(エアメタル)を採用することによる自重の軽量化。
(19セルテートはアルミ(スーパーメタル))
・ON/OFFストッパー搭載による操作性。
(19セルテートはストッパーレス)
・12BB搭載による回転性能。
(19セルテートは10BB)
・スプールリング素材にチタン採用によるスプールエッジの耐久性。
(19セルテートはステンレス)
等の仕様、規格となっており、弊社汎用スピニングリールの最上級グレードとなりますので、よろしくお願い申し上げます。

とのこと。

これは、

実際使ってみないと、

分からないわ〜。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top