Read Article

【実釣動画解説】サーフヒラメ攻略メタルジグテクニック図解【SJF】

【実釣動画解説】サーフヒラメ攻略メタルジグテクニック図解【SJF】

サーフのヒラメ釣りでメタルジグの動かし方が分からない…。
リフト&フォールなど試してみても釣れない…。
具体的にどう操作すればいいのかいまいち分からない…。

こんなアングラーの悩みに答えます。

サーフのヒラメ釣り研究系釣りTuber「Naosako」です。

 NaosakoTV

本記事の内容
動画では分かりずらかったメタルジグの小技をご紹介
使用ルアー:Buddy Works ヘンチマン 42g
メタルジグの小技図解:リトリーブ&フォール

先日こんなTweetをしました。


今回はこちらの動画の実釣パターンネタです。

動画だと少し分かりずらかったのですが、実はこの釣りにはちょっとしたコツがあります。

実際にヒラメを釣ったメタルジグのちょっとしたテクニック、具体的な操作方法を紹介したいと思います。

僕が提唱する釣り方、

Surf Jig Finesse(サーフ ジグ フィネス 通称:SJF)

になります。

動画では分かりずらかったメタルジグの小技をご紹介

使用ルアー:Buddy Works ヘンチマン 42g


具体的な操作方法の前に、まず、使用したルアーの特徴を把握します。

ヒットルアーは「ヘンチマン42g」のカラー「ワイルドアカキン」です。

今年もPLUGMAN(プラグメインの釣り)をしつつ、この「ヘンチマン」ももちろん使います。

文句なし、かなりフラットフィシュが釣れるメタルジグなので、皆さんも是非試してみて下さいね!

去年はこのヘンチマンで小座布団ヒラメも釣ってます♪

何故このメタルジグがよいのか、僕なりにポイントを上げます。

  • 沈下速度の速さ
  • 尻下がりの細かな横振り
沈下速度の速さ

ボディが小さくナス型重りそのままのような形状をしている為、一般的な薄めにかたどられたメタルジグより沈下速度がかなり早いです。

この沈下速度の速さが、フラットフィッシュのバイトを誘発するアドバンテージになっています。

尻下がりの細かな横振り

他のどのメタルジグよりも細かくパタパタと横振りをします。

この小さめなボディだからこそ、小刻みな横振りが威力を発揮します。

小さいのに、水押しが強いんですよね。

水押しが強い=アピールが強い

でも見た目は小さい。

他にない違和感を出すから、魚はこいつに良く反応します。

そしてこれが、バックフォールでいきなりぼてっと目の前に落ちてきます。

よく出来た食わせのメタルジグだと思います。

メタルジグの小技図解:リトリーブ&フォール

ヒットしたポイントは、水深1.5メートルもないくらいのシャローです。

写真の青でくくった部分を狙っています。

その奥は砂が溜まっていて、手前が少し落ち込んでいるという地形。

このような変化のあるところ、特に「落ち込み」などの傾斜にヒラメはよくつきます。

フィールドでは、実際にこんなイメージでルアーを通します。

ルアーのアクションイメージ
  • できるだけレンジは上を意識してルアーをバタバタ泳がせる
  • 適度な間隔でルアーを落ち込みに落とし込む
  • ボトムは叩かないでサッと浮かす
ヒラメ目線のイメージ
  • 落ち込みの傾斜に待機して泳いできたベイトを待つ

アクションの手順です。

    1. ルアー着水後ボトムをとらずにすぐにアクション開始
      →上のレンジでバイトを狙う為ボトムはとりません。
    2. ロッドの角度は60°〜 70°
      →水深や通したいレンジによって角度を決めます。この時は水深1.5mでレンジは真ん中より上を通すイメージ。
    3. バット部分を意識して竿を煽りルアーを狙ったレンジまで浮かす
    4. 早めに巻いてレンジをキープしてルアーをバタバタ泳がせる
    5. ロッド角度を一瞬落としてラインテンションをスッと抜きルアーを落とす
      →だいたいこの辺りでバイトがあります
    6. ルアーがボトムに落ち切る前に「1」の手順から繰り返す
    7. これの繰り返しになります

結果、ルアーを落とした時にファーストバイトがありました。

フッキングまで至らなかった為、その後同様のアクションを続け、二度ほどルアーを落とし込んだ時に追い食いでヒットしました。

通常のリフト&フォールとは違い、よりルアーをよく見せて、更に食わせの間を作ることができます。

これは一概には言えない結果論ではありますが、ルアーをボトムに着底させていたら、追い食いヒットはなかったかもしれませんね。

今回はボトムを叩かないパターンでしたが、逆にボトムを叩くパターンもあります。

いろいろな組み合わせで、多彩なアプローチとして取り扱うことが出来ます。

このアクションを一つ覚えると様々なタイプのメタルジグで応用できます。

例えば、imaガン吉の場合はよりシャープに切れ味良くアピールできます。

DUOドラッグメタルでは、ヘンチマンよりマイルドな水押しでアピールできます。

レンジコントロールまで出来るようになれば、水面直下からボトムまでの各レンジでそれを展開することも可能です。

このようにプラグよりも多彩で細かい調整がつけられるため、

わたくしはこの釣りを、

Surf Jig Finesse(サーフ ジグ フィネス 通称:SJF)

と、言っております。

是非、メタルジグアクションの引き出しの一つとして持っておいていただければと思います。

それでは、
あなたのSJFで、釣りを楽しんでください♪

daiwa モアザンブランジーノ AGSについての詳しい記事はこちら↓↓↓

【ダイワ 】サーフロッドにモアザンエキスパートAGSを推します

URL :
TRACKBACK URL :

Comments / Trackbacks

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. レザンについて

    いつも楽しく動画を拝見させていただいております。
    数あるサーフゲームの動画の中で,「Naosako TV」が最もアングラー目線かつ自然体で,当事者意識を感じさせる動画です(単なる釣果をひけらかすような動画ではないので,とっても感情移入できます)。
    さて,今回コメントさせていただいたのは,邪道からでている「レザン」のことです。当方,これまで日本海側で冬から春限定で堤防のサゴシゲームをたしなんでいました。いろんなジグを使いましたが。レザンが最も扱いやすく釣れるルアーと思っていました。扱いやすい点➀飛距離がでる。②ギザギザの波うちボディーが水を逃がしてくれるせいか,巻き抵抗が軽いので疲れない③それでいてブルブルと心地よい動きがさお先にでれくれる。

    今年の夏に初めてサーフゲームにデビューし,いろんなルアーを投げ倒しましたが,50回釣行してソゲ1とマゴチ50cm1という貧果でした。そうした中,試しにレザンも使って見ようと思い,検索エンジンで「レザン ヒラメ」で検索したら「ヒラメタボー2枚 レザンはヒラメルアーだった」の動画にたどり着きました。サーフでレザンを使っている方に出会ったのは初めてでうれしくて何度も動画をみて研究しました。そして10月下旬,レザンの30g(ピンクシルバーで初めてヒラメ(52cm)を釣ることができました。動画で研究した,ロッドを水平にし,ミディアムリトリーブでガツンときました。それから1っ週間後もやはりレザンで50cmのヒラメを釣りました。本当に感謝しております。場所は鹿島灘です。DUOのルアーが勢力を占める中,レザンを使っている人は自分だけではと思ってしまいます。

    そこでまたわがままなお願いです。ぜひレザンを使ってヒラメを釣ってください。その動画をリクエストします。レザンLOVEです。これからもレザンを信じて投げ倒し続けます。
    私,赤金とかチャートとかいろんな色を持っていますがピンクシルバーでしか釣ったことがありません。お勧めの色とかありましたらアドバイスください。

    茨城県つくば市
    一家伴安(いっかともやす)

    • 一家伴安さん、素敵なコメントをいただいてありがとうございます♪( ´▽`)
      レザンでヒラメが釣れたんですね!一家さんのお役にたてたようでとても嬉しいです!!
      自分はYouTubeの動画でも出している通り、最近はミノーの釣りに徹していたのでジグ事態ほとんど使っていませんでした。
      ですが、季節が進みだいぶ寒くなったところで、ミノーだけでは攻略が難しくなり次にどの手を打っていくか考えていたところです。
      冬のヒラメは、よりシビアに攻めていかないと反応してくれないので、そこで一家さんのコメントを見てなるほどレザンがあったかと改めて思いました!
      おすすめカラーはどのルアーでもそうですが、自分はゴールド系がやはり一番ヒラメは反応してくれると感じてますよ!
      もしいろいろなカラーをお持ちなようでしたら、派手系〜ナチュラル系〜変化球系(ブラック系など)のように緩急つけてローテーションしていくのがいいですよ♪

      • ありがとうございます。返信コメントを見るのを失念していまして,動画の方にも同じようなコメントを掲載してしまい。すみませんでした。ゴールド系ですか。ぜひ信じて投げ続けてみたいと思います。ミノーでもヒラメを釣ってみたくなりました。ミノーで釣った一尾は他のルアーで釣った1尾よりも「釣った感」がありますからね。
        最近,レザン(ジグ)だけでなく,ミノーも使っています。サゴシゲームからサーフへの転向組なので,手持ちのミノーも,ジャクソンの「ピンテールサゴシチューン」です。今度はこれで釣れるように頑張ってみたいです。→これも使う人は稀有かな?
        でも向かい風が3m以上になるとやはりレザンです。

Leave a comment

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top