Read Article

【PLUGMAN的】サーフヒラメルアーおすすめ2020【imaミノー編】

【PLUGMAN的】サーフヒラメルアーおすすめ2020【imaミノー編】

2020年サーフでヒラメ釣りに使えるおすすめなルアーでいいものはないかなぁ…。

ヒラメがちゃんと釣れるルアーはないかなぁ…。

というかシンプルにどれがいいの?

こんなアングラーの疑問に答えます。

ずばりミノーならシンプルにこれです。

ima コスケ 130 F
ima コスケ 170 F
ima コスケ 110 S
ima 魚道 130 MD
ima 魚道 90 ヘビーサーファー
ima サスケ 140 裂波
ima サスケ140 S 裂風
ima サスケ 130 剛力
ima コモモ SF-145
ima × DUO ナバロン 150 F
shimano 熱砂 ヒラメミノーSR 150 S
shimano 熱砂 ヒラメミノーSR 150 F
BlueBlue ブローウィン 165 F スリム
BlueBlue ブローウィン 140 S
DUO タイドミノー アドバンスライン スリム 175 フライヤー
DUO タイドミノー アドバンスライン スリム 200 フライヤー
Megabass マリンギャング140 S

今回の記事は、この中の「ima」製品についてご紹介します!

尚、今回ご紹介するルアーはこちらのYouTube「NaosakoTV」でもご紹介しています!

こちらの記事と合わせてご覧になっていただくことで、よりルアーについて詳しく知ることができると思います。

サーフヒラメルアーで抑えておくべきポイント

突然ですが、まずはじめに質問です。

「あなたはサーフのルアーを選ぶ時に何を重視して選んでいますか?」

このルアー軍が何故サーフで良いのか共通ポイントを上げたいと思います。

  • 安定して飛距離が出せる。
  • 水噛み・水馴染みが良い。
  • 最深2メートル程度の水深でヒラメの目線にベストなレンジをトレース出来る。
  • ビックミノーならではのアピール強弱。

この4点を揃えることによって何が良いのかというと、

安定したプラッキングゲームが出来るということです。

安定したゲーム展開が出来れば、ヒラメが釣れる確率は少なくとも1%は上がります。

道具による釣果アップは確実に存在しますね。

数あるルアーの中から全幅の信頼を寄せられる物が見つかることを願っています。

  • 安定して飛距離が出せる。
    →僕はサーフでPE1.5、2.0号のラインを好んで使っています。切れるのが嫌だからです。
    それでも飛距離が出るミノー軍です。PE1.0、0.8号ならより飛距離を出すことができまね。
  • 水噛み・水馴染みが良い。
    →良くないルアーをサーフで使うと白波に揉まれているだけで水中を泳いでいません。
    サーフでもしっかり水中を泳いでくれるミノー軍です。
  • 最深2メートル程度の水深でヒラメの目線にベストなレンジをトレース出来る。
    →水深2メートル範囲ほどの遠浅サーフで上から下まで全域をカバーできるミノー軍です。
  • ビックミノーならではのアピール強弱。
    →サイズ、重量を上げることによってアピール幅の上限を広げます。
    マッチ・ザ・ベイトをしていても、いつまでたってもヒラメは口を使いません。
    自分の引き出しでマッチ・ザ・バイトを起こしましょう。

imaミノー編:サーフ ヒラメ ルアー おすすめ 2020

ima コスケ 130 F – kosuke 130 F

全長(㎜):130
重量(g):26
タイプ:フローティング
レンジ(㎝):50〜90
アクション:ローリング、速巻き時ウォブンロール
[ポイント]
オリジナルモデルコスケ110Fをより強固にアップデートしたルアーです。波風あるサーフではこちらの方がスタンダードです。
釣り場に着いたらとりあえず…、迷った時は…、などのシュチュエーションで一番使い勝手が良いです。
パイロットルアーとして基準にすると、このルアーから次にレンジをどうするか、アクションをどうするかが決めやすくなります。

Amazonで見る

ima コスケ 170 F – kosuke 170 F

全長(㎜):170
重量(g):39
タイプ:フローティング
レンジ(㎝):30〜80
アクション:ローリング、速巻き時ウォブンロール
[ポイント]
コスケ130Fより艶かしい泳ぎが特徴です。飛距離はほぼ変わりません。こっちがメインでも良いくらい良く作られています。
Amazonで見る

ima コスケ 110 S – kosuke 110 S

全長(㎜):110
重量(g):20
レンジ(㎝):60〜100
タイプ:シンキング
アクション:ローリング、速巻き時ウォブンロール
[ポイント]
コスケの動きそのままのシンキングタイプです。
コスケ130Fと比較すると飛距離はやや落ちます。しかし、沈めてボトムすれすれを通すことが出来ます。
Amazonで見る

ima 魚道 130 MD – Gyodo 130 MD

全長(㎜):130
重量(g):23
レンジ(㎝):80〜150
タイプ:フローティング
アクション:ウォブンロール
[ポイント]
サスケよりもタイトでシャープなウォブンロールで巻いた分しっかり潜水してくれます。
Amazonで見る

ima 魚道 90 ヘビーサーファー – Gyodo 90 Heavy Surfer

全長(㎜):90
重量(g):28
レンジ(㎝):100〜120
タイプ:ヘビーシンキング
アクション:ウォブンロール
[ポイント]
ボトムから離したくない時はこれを使います。
横から流れを受けるとよりタイトなウォブンロールアクションが発生します。
重量ほど飛距離が出ないところが盲点です。
Amazonで見る

ima サスケ 140 裂波 – sasuke 140 reppa

全長(㎜):140
重量(g):20
レンジ(㎝):60〜100
タイプ:フローティング
アクション:ウォブンロール
[ポイント]
サスケ裂波の動きは、下からルアーを見上げるヒラメにたいしてとても有効です。
サスケ120裂波よりもシルエットが細くなり横振りの幅が大きくなるため、僕はこちらの140を使用しています。
飛距離はコスケ130Fよりもやや落ちる程度です。
Amazonで見る

ima サスケ140 S 裂風 – sasuke 140 S reppu

全長(㎜):140
重量(g):21
レンジ(㎝):70〜100
タイプ:シンキング
アクション:ウォブンロール
[ポイント]
サスケ裂波140よりシンキングな分水馴染みがよく、若干タイトなウォブンロールアクションとなります。
サスケ裂波140を沈めて使える認識でOKです。
Amazonで見る

ima サスケ 130 剛力 – 130 goriki

全長(㎜):130
重量(g):25
レンジ(㎝):80〜120
タイプ:フローティング
アクション:ウォブンロール
[ポイント]
サスケ裂波をよりファット(太く)にして重量を加えたのが剛力です。
質量と表面積が増えた分水押し量が多くなり、裂波よりも低速かつアピール強めで引いてこれます。
コスケ130Fとセットで使うことがおすすめです。
太めの形状ながら、サスケシリーズの中では一番飛距離が出やすいのも特徴です。
Amazonで見る

ima コモモ SF-145 – komomo SF-145

全長(㎜):145
重量(g):26
レンジ(㎝):20〜50
タイプ:フローティング
アクション:ウォブンロール
[ポイント]
ヒラメを白波直下まで誘い出したい時に使います。
水流を受けすぎるとバタバタ暴れ過ぎてしまう特性があります。
Amazonで見る

ima × DUO ナバロン 150 F – NABARONE 150 F

全長(㎜):150
重量(g):23
レンジ(㎝):50〜150
タイプ:フローティング
アクション:ウォブンロール
[ポイント]
知る人ぞ知る「何故か釣れる」のミノーはヒラメにも有効です。
コスケでもサスケでもコモモでも魚道でもないアピール力があります。
Amazonで見る


ということで、今回は以上となります。

いかがだったでしょうか。

ima製品のミノーだけでもこれだけバリエーション豊に釣りを考察することができます。

ちなみに、シーバスにもそのまま使えますね。

どちらかというと、ランカー特化型になります。

130㎜などのサイズ感が気になる方は、オリジナルの120㎜や110㎜を使うと良いかもしれません。

僕も引き続きその辺りの研究をしていきます。

それでは、続きのルアー紹介はまた別記事とさせていただきます。
ベストチョイスなルアーであなたの釣りを楽しんでください♪

ベストチョイスなダイワサーフリールはこちら

ベストチョイスなダイワサーフタックルはこちら

 

この投稿をInstagramで見る

 

今朝のマズメ、「imakosuke130f」にバイト! カレントの正面に立ち波が穏やかになったところで重たい潮を感じ取りながらをスローに巻いてきました。 薄濁り、曇りのローライトの中、「ピンク&ピンク」がうまく水中中層を煌めいたのだと思います。 ジャスト40くらいの小ぶりなヒラメでしたが、記憶に残る良き釣りでした。 #ミノーでヒラメ攻略 #ima #BIGONLY #kosuke130f #ピンクアンドピンク #imanewera9fiftygrynvy #update #naosakotv #daiwa #19certatelt3000cxh #morethanexpertags109mlm #slpworks #HEDGEHOGSTUDIO #apia #mazume #フルオープンブーツフットウェイダーMZBF199 #東レ #シーバスPEパワーゲームデイタイム #パワーゲームルアーリーダーフロロ #instafish #instagramfishing #fishing #釣り #ヒラメ #plugman #plucker #plucking #a6400 #osmoaction

naosako13(@naosako13)がシェアした投稿 –

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top